The New Standardとは アジアが見える、世界がわかる。保守の言論・行動サイト

この国の未来をつくるのは、私たち一人ひとりの熱意と努力です。
この国がどうなっていくのかは、私たちの考え方によって決まります。

世の中には、いろいろな考えをもった人々が暮らしています。ここにいる「私」と、隣にいる「あなた」は、きっと別のことを考えているでしょう。他の誰かとまったく同じことを考えている人は、誰一人としていません。

だからこそ、様々な考え方の違いから学び合い、話し合うことで、民主主義は強くなります。そうして、お互いに学び合うことから、平和な社会を築くための第一歩は始まります。

そのためのヒントとなるような新しい考え方を提示したい。それが「ザ・ニュー・スタンダード」の願いです。

私たちは、様々な考え方の中から、この国の未来をどうしていきたいのかを選び取っていかなければなりません。そこで、見逃せないのは、この日本という国が、世界の一員であり、アジアの一員でもあるという事実です。

世界やアジアで起きていることからまったく影響を受けずに、日本という国が存在することはできません。それは、この国で生活する私たちも、世界やアジアの出来事に注意する必要があるということでもあります。

「アジアが見える、世界がわかる」――。
私たちは、この言葉を目標に、世の中を考えるヒントを、ひとつずつみなさんにお届けするメディアでありたいと思います。今日より明日、明日より明後日、日々、より素晴らしい社会が実現していくことを、心から願って。


「ザ・ニュー・スタンダード」編集長
呉 亮錫


サイト運営について

サイト名:The New Standard / ザ・ニュー・スタンダード
編集長:呉 亮錫(ご・りょうせき)
作家、翻訳家。米ボストン大学・国際関係学部を卒業後、雑誌編集者を経て独立。2014年から現職。「第8回 真の近現代史観懸賞論文」(アパ日本再興財団主催)にて佳作受賞。 在日韓国人三世。横浜市出身。著書に『「親日の在日」として』(LUFTメディアコミュニケーション)