教育の検索結果

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

 ■□ 教員が子供のことを考える □■ ゴールデンウィークが終わりました。 中間テストが迫っていますが、授業も落ち着き、子供たちも新しいクラスに慣れてきた頃…

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事

留学生への影響は?

2017/04/25  08:10

今回は、ドイツの大学での授業料について書いてみようかと思います。以前この記事で少し述べたように、ドイツでは高等教育も含めて、私立の学校や大学に通わない限り基本的に教…

ドイツでも学費がかかるように~バーデン・ヴュルテンベルク州での決定について

「学校を選ぶ自由」を認めるべき

2017/04/21  10:38

■□ 教育は自由であるべきだ □■ 4月、桜が満開です。 入学式、始業式が始まり、希望にあふれる新年度がはじまりました。 しかし残念ですが、学校に通え…

教育の自由

それでもまだまだ少数

2017/04/02  19:49

■□ 学校は「変えよう」と思えば変わる □■ 春、3月。暖かくなってまいりました。 今月の終わり頃には桜の花を見ることができそうです。 この季節、子供たち…

変わろうとする学校

法律の解釈と現場の実態を検証する

2017/03/09  08:20

何回かにわたり、「いじめ防止対策推進法は子供たちを救えるか」という内容で、実際の事例を紹介しながら検証しています。 今回は第二〇条から取り上げてみたいと思いま…

いじめ防止対策推進法は子供を救えるか(5)

教育には「思想」があるもの

2017/03/03  11:57

学校法人「森友学園」をめぐる問題が、安倍政権を揺るがすスキャンダルへと発展している。ここまで安定した支持率を誇ってきた安倍晋三首相は、自民党の総裁任期の延長をやすや…

「教育勅語」も「はだしのゲン」も、思想教育であることに変わりはない

教師の自覚と訓練が必要

2017/02/14  09:47

春はもうすぐですが、もう少し寒い日が続きそうですね。 さて、沖縄の中学生の暴行動画がネット上に流出し、問題となっています。 撮影場所は校外で、1人が暴行を加え、…

学校にとっては暴力より「いじめ」が問題

「他人を自分だと思うこと」が大切

2017/01/20  13:00

先日、お会いしたお母さんが、 「今、息子が受験なんです。3月まで気が抜けないのよ」 と話していましたが、 現在、受験生は最後の追い込みのために日夜をついで努力…

「いじめ」はなぜ起きる?

国益を損なう政治家・官僚の所業

2017/01/18  08:20

1982(昭和57)年6月26日の新聞各紙は、以下のように報じました。   『朝日新聞』は一面で「教科書さらに『戦前』復権へ」「文部省 高校社会中心に検定強化」…

教科書誤報事件と「近隣諸国条項」自虐史観の根本問題―受けて立つ!歴史戦3-

基地反対運動の現実

2017/01/16  12:00

昨年の八月、台風に見舞われる沖縄を個人的に2泊3日の日程で訪れました。目的は、修学旅行引率前に沖縄の実状を少しでも把握することでした。「反日・反米」の平和教育の悪影…

​「嵐の中の沖縄の旅」<普天間飛行場編>受けて立つ!歴史戦2

法律の解釈と現場の実態を検証する

2017/01/16  09:20

第三章の基本施策についてみていきたいと思います。 第一五条は(学校におけるいじめの防止)です。 学校の設置者及びその設置する学校は児童等の豊かな…

いじめ防止対策推進法は子供を救えるか(4)

法律の解釈と現場の実態を検証する

2017/01/05  09:00

いじめ防止対策推進法の第九条の保護者の責務と、第二章 十条から十三条の基本方針、そして十四条の(いじめ問題対策連絡協議会)を見ていきたいと思います。   …

いじめ防止対策推進法は子供を救えるか(3)

教育こそ国家の計

2017/01/02  10:31

韓国の反日の根本には学校で行われる歴史教育の影響があります。それは史実を歪曲したり誇張したりして「日帝」の支配の残虐さを教え込むものです。したがって、韓国民の皆さん…

韓国の反日教育にいかに対応するか――受けて立つ!歴史戦その1

年の瀬が迫る中、悲しい事件が続く

2016/12/17  12:20

12月ですね。師走という言葉を聞く季節になりました。 「師走(しわす)」、つまり師、先生が走らなくてはならない程に忙しい季節だからと 教わったものですが、今の子…

学校を通さずに「重大事態」の報告ができるシステムを!

その日は近い?

2016/12/10  10:00

(クリンゴン語 wikipediaより) 11月11日にアメリカで封切られた映画『アライヴァル』が、さっそく話題になっている。突如やってきたUFOに対応す…

宇宙語の研究はもうじき始まる?――大学に「外国語学部宇宙語学科Θ☆Ψ語専攻」ができる日は?

法律の実効性を検証する

2016/12/03  14:00

引き続き2013年施工の「いじめ防止対策推進法」についてです。   第4条には(いじめの禁止)として条文に、 児童等はいじめを行ってはならない…

いじめ防止対策推進法は子供を救えるか(2)

法律の中身を見てみる

2016/11/28  10:24

2013年、いじめ防止対策推進法が施行されましたが、まだ、悲しい事件が続いています。 報道を見る限り、現場にはこの「法律の内容」が浸透していないように思います…

いじめ防止対策推進法は、子供を救えるか(1)

いじめの法則を理解して対策を

2016/08/30  15:28

埼玉県で16歳の少年が暴行を受けて亡くなった事件で、事件当時の様子が明らかになってきています。遊びに誘われた被害者が「地元にいない」と嘘をついたことが、事件のキッカ…

埼玉のいじめ事件――グループから離れようとすると逆上するのは、いじめ加害者の特徴

学校の今を知るための本

2016/06/16  08:00

『スクールカーストの正体: キレイゴト抜きのいじめ対応 』 堀 裕嗣・著 小学館 本体760円+税 紙媒体で「スクールカースト」とい…

【習慣新書】『スクールカーストの正体』(小学館)

自制心を養うために

2016/04/22  08:00

4月に入りました。 家の近くの街路樹を見ると、桜につづいて、ハナミズキが咲きはじめました。 その道を登校する新一年生の小さな小さな姿に新鮮な驚きを感じます。 …

「お互いを知った」からこそ、いじめは起きる

外務省が動かないなら

2016/02/05  15:00

あらゆる社会問題の議論は、最後は教育の問題に行き着く。だから、韓国との外交の懸案になっている慰安婦の問題も、教育の視点で考えたい。自虐史観をいかに克服するかはすでに…

慰安婦問題を教育の視点で考える――「民間の外交官」をいかに生み出すか

いじめ黙殺が事件を招いた

2016/01/30  17:00

28日午後2時から「豊見城市小4自殺事件」についてのご両親の記者会見が開かれたそうです。   そこで驚愕の事実が明らかになりました。   学…

沖縄小4自殺、両親が会見――学校と教委のウソ

ものの見方を変える力

2016/01/15  08:00

新年、明けましておめでとうございます。 全国的にも穏やかな年明けとなったように思います。 私たち、いじめから子供を守ろうネットワークも2月には、設立9周年を…

「自己肯定感」がいじめからの復帰の鍵

SOS出しやすい環境を

2015/12/03  12:00

梅雨入り間もない6月8日。日没前後から雨が降り始めた大阪府河内長野市の公園に、傷だらけの男性が力なく横たわっていましたた。近くに住む専門学校生、工藤勇人さん(19)…

大阪のいじめ傷害致死事件ー何が問題だったのか

大学と教養

2015/11/24  14:00

私は今、ヨーロッパにおける複言語主義と照らし合わせ、日本において、特に高等教育の場において第二外国語を学ぶ意義について卒業論文を書いています。 Council…

複言語主義を考える――第二外国語を学ぶ意味

「沖縄は、いつから日本なのか」

2015/10/18  08:00

米軍普天間飛行場の移転をめぐって、翁長雄志知事は移転先の名護市辺野古の埋め立て承認を取り消すなど、政府との対決姿勢を崩さない。そればかりではなく、6月の訪米に続いて…

日本の未来のために、沖縄を日本の歴史の一部として考えようスペシャル対談(1)

「だめ」と思う人も、思わないひともいる

2015/09/07  08:00

先日、とってもあきれてしまう出来事がありました。     私は、不登校支援専門の塾を運営しています。 そのカリキュラムの一環として「社会体験…

不登校ってだめなことなの?例えば、”エスカレーター”を考えてみよう

ついに被害生徒の側に立った方針が

2015/08/29  17:00

2015年8月25日 大阪市において、全国で初めて、いじめの隠蔽をした学校、教師への懲戒処分を明記した「いじめ対策基本方針」が策定された。 「ついに、この時が来た…

大阪市教師のいじめ隠蔽に懲戒処分を明記

日本の建国は1945年?

2015/07/24  16:22

朝日新聞の「声」欄に17日付で載った投書が、ここのところネット上で、大きな話題を集めているという。22歳の大学院生が書いたものだというその文章は、日本が「70年前の…

「日本は愛せない国になっていく」朝日新聞への投書に見た戦後教育の病理

家は居場所、家族は味方。

2015/07/13  10:00

「どこでもいいから、家の外に出かけてほしい。」 「誰でもいいから、子どもに会いに来てほしい。」 ご相談を受ける方すべてと言ってもいいほど、ほとん…

不登校の子にとっての「居場所」

いじめを隠蔽した教師の処罰を

2015/07/11  10:00

まもなく夏休みという7月初旬は、過去、いじめ自殺が何度も起きている危険な時期です。 振り返れば2013年には、7月に長崎、宇部、名古屋と4日の間に3件も続いたこと…

自殺するぐらいなら学校に行かなくてもいい!

「謝罪したら負け」は本当?

2015/07/08  13:04

7月になりました。あちこちで七夕飾りを見かける季節です。 子供たちは、夏休みを目前に控え、期末試験の最中でしょう。 また、各地で運動部の大会も開かれ 何かと忙…

「人としての誇り」を育てたい

犯罪なら犯人を見つけないと

2015/06/29  10:00

このたびは、茨木市人権教育研究協議会でお話させていただきました。 各幼稚園、小・中学校の先生たちにお集りいただき、 多くの先生方に真剣に聞いていただきました。 …

「学校は警察じゃない」に反論しよう

教科書採択は日本の未来への分岐点

2015/06/23  10:00

今年は教科書採択の年です。 検定教科書の中から、どの教科書を現場で使っていくのかを選定する年で、そのための教科書展示会が各市町村ごとに行われています。 教科…

歴史教科書読み比べどんな教科書が日本にとってよいのか

被害者史観からの脱却を

2015/06/18  10:00

琉球は尚泰を国王とし、江戸時代以来薩摩藩の支配を受けながらも、古くから中国(明、清)を宗主国とする両属関係にありました。これは、琉球が「東アジアのエルサレム」と呼ば…

幕末からの日本の危機感―大東亜戦争へ③明治時代の国際関係ア琉球(沖縄)

教師が変われば教科書も変わる

2015/06/15  10:00

前回、”「自虐史観教育」を根絶やしにする教育政策”について述べさせていただきました。左翼教員を採用しないために、社会科、地歴・公民科などの教員採用試験で「非自虐史観…

「自虐史観教育」を根絶やしにする教育政策(補足)

インターン生と接して

2015/06/13  10:00

今回の記事は、私のちょっとした経験を話題にしたいと思います。 私はここ数年の間、シンクタンクの代表者として講演をしたり、教えたりする機会をいただくことが多くな…

無知の地平―教えることの困難さ―

新卒採用の弊害

2015/06/12  18:31

私は大学卒業後、大学院に進もうと考えており、現在大学院入試の準備や卒論に取り組んでいます。はじめドイツの大学院に進学することを考えていましたが、マスターコースを終え…

若者の内向き志向は悪いのか-海外に出ると戻りにくい日本

教室からパージ?

2015/06/07  10:00

ドイツに留学中、日本語教師をしている日本人の方の家に泊まらせていただいたことがあり、その日の夜私はテレビで放送されていたある映画を観ていました。 Die …

映画から学んだ全体主義の恐ろしさ

教員採用に鍵がある

2015/06/03  10:00

歴史教科書の選定・採択が、中高の歴史教科書をめぐり、近年話題になってきています。 教科書検定における、いわゆる「近隣諸国条項」の影響の少ない、自虐度合が薄く、…

「自虐史観教育」を根絶やしにする教育政策

かごの中では飛べません

2015/05/01  15:18

(編集部サマリー)   インディアナ州知事のマイク・ペンス氏が、ABCのキャスターから「同州が進めている宗教寛容法は、性的マイノリティーの差別…

「鳥かごのなかの自由」は自由の否定

留学生は「日本代表」

2015/04/15  14:00

留学中に受けていたドイツ語のスピーキングの授業では、毎回グループかペアになってあるテーマについてお互いに話し合うという時間がありました。 ある日、私はイタリア…

留学中に感じた、意見を持ち主張することの大切さ

教育ムラには「第三者」の目・公正の目を入れていくべき

2015/04/05  07:00

山形県天童市議会は2015年3月20日、いじめ防止基本方針の策定を義務づけることなどを定めた、市いじめ防止条例案を全会一致で可決しました。同市では昨年1月に、いじめ…

いじめ事件第三者調査委員会選定の困難さ

上手に叱って、自制心を育む

2015/03/13  13:00

文部科学省が2014年10月16日発表した13年度問題行動調査で、小学生が起こした暴力行為が前年度より2600件増の10896件で、過去最多となりました。いじめの低…

小学生の暴力が増えているこれを機会に子育てを見直してみませんか。

成長を信じて、見守ってあげてください

2015/03/12  13:00

「中1ギャップ」という言葉の意味を知っていますか? Benesse教育情報サイトが中学生の子どもを持つ保護者や行ったアンケート調査によると、「知っている」「少…

いよいよ新学期!「中1ギャップ」ご存じですか?

良いこと、悪いことを教えない教育が自己中人間をつくる

2015/03/07  13:00

桃の節句を迎えて、春の気配が感じられるようになりました。 子供たちもまもなく春休みを迎えようとしています。 教育改革もまた春を迎えようとしているのかもし…

新学年はもうすぐ道徳教育について考える

学校に通えるようになることがゴールではありません。

2015/03/06  13:00

「不登校のゴールはどこ?」 つまり、何をもって解決!克服!とするのか。 実はこれが最も大切です。 この、ゴールの設定を間違えるととんでもないことになります…

不登校解決のゴールはどこ?(不登校の正しい認識・2)

UFOクラッシュを自由研究の課題にするイギリスの学校

2015/02/13  09:34

夏休みの自由研究のテーマが「我が家の畑にできたクロップサークル(ミステリーサークル)」とか、「UFO目撃情報と墜落したUFOの関係」、「不思議な夢と急にできた足のあ…

誰かコレをやってみてくれませんか

いじめない子を育て、いじめられている子を守るために

2015/02/12  10:30

まだまだ寒い日が続きますね。 ここのところ毎日のように、五反田駅から事務所までの歩道では、この時期ならではの光景が見られます。 入学試験に向かう学生に、…

フィンランドの教師が語る「家で教えて欲しいこと」

いじめっ子に足りないのは「悪を犯さない意志」

2015/01/13  07:00

明けましておめでとうございます。 皆様にとりまして飛躍の年となりますよう心からお祈り申し上げます 昨年は、全国の自治体で「いじめ防止条例」の制定が進みま…

「叱れる先生」がいれば、いじめは防止できる

人としての根本に立ち返る大切な教育 ゴミ拾いから学ぼう

2015/01/10  17:00

私がNPO活動をしている時に一緒に活動していたAさんが 経験談を話してくれました。 ある中学校の学校行事で、生徒全員が授業時間にボランティア活動と称して地域…

母から子供に教える「ゴミの意味」

あなたの子供が危ない! 日教組「平和・人権政策」の恐ろしさ。

2015/01/09  17:00

日教組の「平和・人権」政策 戦後教育界の負の遺産とも言うべき日教組の「平和」と「人権」に関しての認識が現れている国や自治体への政策要求を示します。 (「日教組…

日教組の本質

充実した専業主婦として暮らすために 語学でも社会活動でも、目標を持ってトライし

2015/01/06  10:00

”主流派であること自体、すでに流行遅れ”、”最先端は案外、流行の反対にある”などと思っているので、ヘンクツ扱いされることしばしばです。何の話かというと、「出産と子育…

あえて「子育て万歳」宣言!

「知識偏重から人物本位の入試」は本当に可能か 試験のような公平性をいかに担保す

2014/12/31  17:00

受験戦争を生んできたテストで決まる入試から、受験生の人物を見る制度へと、大学入試が改革の流れにある。 大学入試改革を議論していた文科相の諮問機関である中央教育…

「人が人を選ぶ」入試改革の理想論と現実論

人を観察すれば、みんなから学べる

2014/12/30  08:00

「自分の経験からしか学ばない者は愚者で、他人の経験から学ぶ者は賢者である」と言います。 これは自分の経験を小さく軽んじているのではなく、他人の経験から…

感謝の気持ちで、人から学んでみよう!

これからの若者へ 教育評論家・森口朗、キャリアのはじまりを語る

2014/12/28  08:00

これからキャリアを考える学生の参考になればと思い、これまでの自分の人生について話をしてみます。   私は現在、教育評論家として本もいくつか書いていますが、学生時…

評論家としての道を開いたのは、「公務員としての倫理観」20歳の頃を振り返って

日本の歴史をゆがめる原因の一つがここにある

2014/12/24  15:00

1 歴史学と歴史教育 (1)歴史学研究団体 日本の歴史学の世界で権威ある研究団体として、「歴史学研究会」があります。満州事変翌年の1932年に,「東京大学の…

歴史教育のあるべき姿

IT化で「東進型」の授業が始まる時代、先生はディスカッションの先導役に

2014/12/23  13:00

「教師に求められる能力」について考えてみます。これは古今東西そんなに変わらなくて、学識が高くて教える力が高いというのが条件になります。これをどう高めるかというのが、…

これからの学校にはコミュニケーション力のある教師が必要になる

ジョブズも松下幸之助も、部下を誉めるのが得意だった

2014/12/23  10:00

人を育てる極意として、「誉める」ということが挙げられます。 外国の教育ではよく見られる光景ですが、日本人は、意外に誉めることが苦手かもしれません。 あま…

誉め上手になる

低下する日本の国際競争力 「生涯学習」をはき違えた左翼教育の終焉

2014/12/18  08:00

現在では、国際的な学力テストを基準に、「ゆとり教育」が日本の国際競争力を低下させたという議論が随分と定着してきました。これを推進してきた日教組の力にも、時間とともに…

おさらいしましょう。「ゆとり教育」って、何が問題なんでしたっけ?

学テ結果の公表に後向きな下村文科相 教育のバラマキと社会主義をどう止めるか

2014/12/15  18:00

パキスタンのマララ・ユスフザイさん、インドのカイラシュ・サティヤルティさんがノーベル平和賞を受賞し、共に、教育の機会均等の意義などを訴えています。 そして、日…

ノーベル賞で改めて注目されたのは「教育」だが日本の改革は道半ば

人は教えることで、さらに深く学ぶ

2014/12/14  10:00

成果を上げる効果的な手段に、「教える」という方法があります。 たとえば、あなたの職場に営業のトップセールスマンがいるならば、みんなの前でセールスのコツを語…

組織の成果を上げる方法

キリスト教、イスラム教といった宗教の多様性、道徳心の根っこを学ぶために

2014/12/14  08:00

道徳教育が、2018年から「教科」になることが決まり、その是非について様々な議論が起きています。ここでは、特にグローバル人材を育てるために必要となる道徳教育について…

グローバル人材を育てる道徳教育の条件

自民も民主もバラマキ政策 農業も教育も補助金と許認可行政ばかり

2014/12/10  10:00

今回の選挙でも、自民党、公明党をはじめとして、民主党、共産党、社民党、生活の党などがバラマキ政策を掲げ、票集めに走っています。たとえば農業政策では、7日付の読売新聞…

補助金と許認可行政がもたらす政治の堕落農業も教育もバラマキの各党

何のために、あなたは働いていますか?

2014/12/09  10:00

昔読んだ何かの本の中に、下記のような笑い話があります。 あるエリート・ビジネスマンが、南の島でバカンスを楽しんでいる時のことです。 そこの島民と親しくなり、…

真の成功は、静寂とともに訪れる

HONDAをつくった「諦めない力」

2014/12/07  10:00

成功の条件は様々にありますが、その第一条件は何でしょうか? 時勢やタイミングでしょうか? 学歴や人脈でしょうか? それとも、知恵や才能でしょうか?…

何はなくとも、熱意はあるか?

お子さんの明るい未来を信じよう

2014/11/23  10:00

「なんで学校に行きたくないの?」 お子さんが不登校になった時、必ずぶちあたるテーマです。 何らかの原因があり学校に行かなくなるのですが、この「原因」…

なんで学校に行きたくないの?~不登校の原因とは~

「学校が楽しい」と言ってもらえる先生をどう育てるか

2014/11/17  15:00

11月に入りました。これから本格的に寒くなっていくのでしょう。  受験勉強も大詰めと言っても良い季節ですね。 最近、教育に関する2本の記事が目にとまりま…

35人学級?

仕事のヒント―自己変革―

2014/11/05  20:42

「蛇に噛まれて朽ち縄に怖(お)じる」ということわざがあります。 蛇に噛まれたことのある人は、腐った縄を見ても、蛇だと思って逃げ出してしまいます。 実際に…

恐怖を克服する方法

保護者の方に知っておいてもらいたいこと。

2014/11/05  15:50

先日、「私もいじめられていたんです」という方に出会いました。 中学、高校と続けて不登校だったというのです。 この方は、現在、大学院を卒業して元気に働いている…

不登校になってもあきらめない。

子供を優秀にするのに「右」も「左」もない

2014/11/05  07:00

「子どもに学力向上を競わせることは悪」 20世紀後半から続く教育神話です。そして、この神話の背景に自由競争を否定する左翼思想が横たわっています。今でも教師の世…

「競争は悪」という神話

反日プロパガンダが後退

2014/11/03  07:00

現在の学校教育において「愛国心」の問題はかなり大きな問題です。いまだに「愛国心」と聞くだけで右翼扱いするようなオールド左翼も中高年教員の中には存在しますし、まるで興…

「生まれ変わるなら日本がいい」83%

教育界の正常化のためにやるべきこと

2014/10/26  21:29

朝日新聞が、遂に「従軍慰安婦」なるものの基礎となった事実が捏造であったことを認めました。 もちろん、だからといって朝日新聞の捏造が許される訳ではありません。 …

朝日新聞の捏造を教育界こそが語り継ごう

不登校は問題ない!

2014/10/15  22:21

現在、中学校の場合、1校当たり約9人の割合で不登校の生徒がいると言われています。「不登校」という言葉が身近になっている一方、問題児、どう接していいかわからない、怠け…

不登校=学校が合わないというセンス

中国のプロパガンダ機関

2014/10/09  13:07

アメリカの大学で、「孔子学院」が相次いで閉鎖されている。9月27日にはシカゴ大学、今月2日にはペンシルベニア州立大学が閉鎖を決めた。   孔子学院は、中国が「ソ…

アメリカの大学で孔子学院の閉鎖が相次ぐ

「学問のススメ」から日本にとって真の意味を学ぶ

2014/10/07  00:40

近年経済のグローバル化は、国際社会でのコミュニケーション能力を養うことを推進する働きを盛んにしました。英語を公用語にするユニクロや楽天などの企業のみならず、学校教育…

言われて久しい「グローバル化」

過当競争か、それとも切磋琢磨か

2014/09/24  15:24

小学校6年生と中学3年生を対象に、毎年4月に行われている「全国学力・学習状況調査」だが、その調査結果をくわしく公開するかどうかについて、今年もいくつかの自治体の動き…

学テ結果は公表すべきか、そうでないのか

TOP NEWS

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事

Appleより優秀な人材が集結?

2017/05/16  14:05

電気自動車の先端を行くテスラモーターズ

中身を見て判断すべきでは

2017/06/14  08:02

聖書の一句を載せる与党~政教分離の意味とは