2014/12/24    15:00

歴史教育のあるべき姿

1 歴史学と歴史教育

(1)歴史学研究団体
日本の歴史学の世界で権威ある研究団体として、「歴史学研究会」があります。満州事変翌年の1932年に,「東京大学の史学科を中心とする若手研究者たちが,満州事変直後の反動的潮流の中で,従来の学会の権威主義的傾向に飽きたらず,進歩的,近代的立場の歴史研究をめざして緩やかな研究と親睦をかねて創立した。」とされています。以下、その綱領を示します。

歴史学研究会綱領
第一 われわれは、科学的真理以外のどのような権威をも認めないで、つねに、学問の完全な独立と研究の自由とを主張する。
第二 われわれは、歴史学の自由と発展とが、歴史学と人民との、正しいむすびつきのうちのみにあることを主張する。
第三 われわれは、国家的な、民族的な、そのほかすべての古い偏見をうち破り、民主主義的な、世界史的な立場を主張する。
第四 われわれは、これまでの学問上の成果を正しくうけつぎ、これをいっそう発展させ、科学的な歴史学の伝統をきずきあげようとする。
第五 われわれは、国の内外を問わず、すべての進歩的な学徒や団体と力を合わせ、祖国と人民との文化を高めようとする。

「科学的真理」という言葉が出てきますが、これは「科学的社会主義」を標榜する共産主義をさしています。共産主義にあこがれた若きインテリたちが、戦時中の体制への抵抗運動として結成した同研究会の性格が現れています。

今日でも、大阪府議会における、『「日の丸」常時掲揚・「君が代」斉唱時起立条例の強行可決に抗議し、あわせて本条例「違反」教職員の処分基準を定めることに反対する』アピール(2011.8.4)や 『育鵬社版・自由社版教科書は子どもたちに渡せない』緊急アピール(2011.7.19)を出すなど、その思想的傾向を明確にしています。

歴代の委員長、編集長には南京問題における大虐殺派や「九条の会」(共産党系護憲団体)の賛同者などの左翼学者が含まれています。また、同会が刊行する『歴史学研究』(月刊の論文集)や岩波書店や青木書店(マルクス主義に基づく出版物を刊行)などから出版する書籍は歴史学会では権威と見なされています。
 
「日本史研究会」も日本史学会における権威的団体です。「京都宣伝センター機関紙会館」に本部を置いていますが、「機関紙」とは労働組合の「機関紙」のことで、「機関紙協会」という全国組織が各地の労働組合の「機関紙」の作り方に指導・アドバイスを与えます。例えば来月は「普天間飛行場の辺野古移設に反対せよ」とか「原発反対を必ず入れろ」などの指導をします。全国の労働組合に関与する団体で、上部組織は日本共産党です。このことからも「日本史研究会」がどのような団体であるかは言うまでもありません。日本史全体を見れば、確かに優れた研究成果が発表されていますので一定の評価はできますが、以下に紹介するような育鵬社、自由社の教科書に関する声明を出すことから自虐史観の推進派であることは明らかです。

江戸時代の記述では、平和や繁栄の側面が強調される一方、農村の実態や身分差別、アイヌや琉球の人々への記述が少なく、平板で一面的な理解となっているとともに、「武士道と忠義の観念」「二宮尊徳と勤勉の精神」(自由社版)と題するコラムを掲載するなど、精神性・道徳性を強調する記述もみられます。
 
近現代史では、日露戦争における奉天会戦や日本海海戦の勝利を大きく取り上げ、「植民地にされていた諸民族に、独立への希望をあたえた」(自由社版)と評価し、韓国併合については鉄道・灌漑施設などの建設やハングル文字を導入した教育が行われた点を、台湾統治においては水道・治水事業に従事した八田與一の事績をそれぞれ強調して、日本の植民地支配を正当化しますが、植民地現地における過酷な支配や弾圧の実態についてはほとんど触れられていません。
 
また、外圧による対外危機を過度に強調し、第二次世界大戦(両社とも「大東亜戦争」との表記を併用しています)に関しては、日本の被害者的立場を強調し、「戦争の勝利を願う多くの国民はよく働き、よく戦った」(自由社版)としながら、戦争の過酷な実態や戦時下の厳しい生活などについては記載が乏しいなど、極めて偏った記載がなされています。さらに両社ともコラムで昭和天皇を取り上げ、「昭和天皇-国民とともに歩まれた生涯」(自由社版)、「国民とともに歩んだ昭和天皇」(育鵬社版)と、高く評価しています。
 
ここにあげた事例は、両社の教科書記述のほんの一部にしか過ぎません。天皇や国家そのものに多くの関心が注がれる一方、民衆や社会的弱者への視線は希薄です。日本の過去の植民地支配や戦争行為を意識的に正当化する考え方も教科書全体に通底しています。

これからの時代を担っていく中学生がこれらの教科書によって歴史を学ぶことになれば、日本の歴史や文化について一面的な見方しかできず、異文化を理解し諸外国・諸地域のひとびとと交流し健全な国際関係を育くむ上でも、大きな障害になりかねません。

『新しい歴史教科書』を引き継ぐ自由社版・育鵬社版歴史教科書の採択に反対する声明 2011年7月19日 より)

いかがでしょうか?皆様はどのように「日本史研究会」の声明を受け止めますでしょうか。私はここに「歴史学」と「歴史教育」の問題が横たわっているように思います。続きます。

TOP NEWS

解明されてきた真相

2017/08/30  12:24

どうしてバルセロナでテロが発生したのか。

今そこに危機があるのに

2017/08/25  08:00

地球外からの攻撃に人類は一致団結できるか

Appleより優秀な人材が集結?

2017/05/16  14:05

電気自動車の先端を行くテスラモーターズ

早急に業務時間改善と意識改革を

2017/05/31  14:05

教員は子供の成長に寄与することが本来の仕事

ACCESS RANKING

1

スフィンクスはどれだけ古い?

古代文明は発展中ではなく既に遺産だった

3

5

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

8

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想

10

『ハムレット』などでおなじみの世界の文豪をつ

シェイクスピアに大きな影響を与えた思想とは

1

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

3

4

スフィンクスはどれだけ古い?

古代文明は発展中ではなく既に遺産だった

8

アメリカの自動車王に学ぶ「経営に貫かれる奉仕

ヘンリー・フォードの経営思想