2016/12/31    12:22

筆まめだった豊臣秀吉

戦国武将の中でも、豊臣秀吉(1537~1598年)は、筆まめとして知られています。

敵の武将を懐柔して味方につけたり、部下からの信頼を得たり、大事な外交や政治を、手紙一通で成功させているのです。

例えば、織田信長に仕えていた頃にも、秀吉の報告は非常に分かりやすくて具体的であり、信長も高く評価していました。

戦場での状況が目に浮かぶように書き、数字やデータも細かに試算して、その上で「どのようにすれば勝てるか?」と、自分の戦術を信長に提案しています。

時代は異なりますが、現代のビジネス文書においても、大いに学ぶべき点がありますね。

ちなみに秀吉は、代筆も入れれば、生涯で1万通もの手紙を出したと言われています。

パソコンもメールもない時代に、大忙しだった秀吉が、それだけ多くの時間を手紙に費やしていたことに驚かされます。

そう思うと、私たちは「忙しくて文書を書けない」と言い訳はできませんね。

ビジネス文書は難しいと思うかもしれませんが、基本を知れば、様々に応用ができるようになります。

秀吉が、手紙一通で多くの人の心を動かしたように、あなたも文書一通で、上司やお客様の心を動かしてみましょう!
 

※筆者のブログより転載しました。

TOP NEWS

骨のある野党は現れるか?

2017/03/17  10:13

解散総選挙という「シャンシャンパーティー」

政治に情けは不要?

2017/03/17  09:53

「石原たたき」という小池都知事の政治センス

たとえ周回遅れでも本格議論を

2017/03/14  08:20

北朝鮮は日本にとっても”核問題”

北朝鮮にとっては絶好のチャンス

2017/03/13  11:21

大統領の弾劾は、韓国の「終わりの始まり」か?

「貿易戦争」も手段のひとつ

2017/03/11  08:30

トランプ大統領の「貿易戦争」と中国崩壊

世界の流れは変わった。

2017/03/10  10:22

ポスト安倍時代に始まる日本の「トランプ革命」

トランプ大統領ならどう答える?

2017/03/17  08:20

ブッシュ元大統領…UFO機密は墓場まで持っていく

ACCESS RANKING

3

スペイン発 ファッションの国際競争

ZARAのライバル、MANGOをご存知ですか?

6

補償金3億ドルを無償で韓国に渡した1965年

軍人遺族らが韓国政府をついに提訴!!「日本の補償金返して」

7

「貿易戦争」も手段のひとつ

トランプ大統領の「貿易戦争」と中国崩壊

9

御用学者も心配ナノヨ、もっと権力強めなきゃ!

アジアインフラ投資銀行はやはり張り子の虎だった(爆笑)

10

北朝鮮にとっては絶好のチャンス

大統領の弾劾は、韓国の「終わりの始まり」か?