矢野 梢

家は居場所、家族は味方。

不登校の子にとっての「居場所」

成長を信じて、見守ってあげてください

いよいよ新学期!「中1ギャップ」ご存じですか?

学校に通えるようになることがゴールではありません。

2015/03/06  13:00

「不登校のゴールはどこ?」 つまり、何をもって解決!克服!とするのか。 実はこれが最も大切です。 この、ゴールの設定を間違えるととんでもないことになります…

不登校解決のゴールはどこ?(不登校の正しい認識・2)

主婦業は起業するより大変 子供の未来を預かる無償の仕事

2014/12/17  09:30

最近、私たちが提唱する「不登校の正しい認識」と同時に、私の「女性としての働き方」にもご注目いただき、インタビュー等受けることが多々あります。 起業する女性の実情(…

主婦も仕事も子育ても~起業ママの実情~

お子さんの明るい未来を信じよう

2014/11/23  10:00

「なんで学校に行きたくないの?」 お子さんが不登校になった時、必ずぶちあたるテーマです。 何らかの原因があり学校に行かなくなるのですが、この「原因」…

なんで学校に行きたくないの?~不登校の原因とは~

不登校は問題ない!

2014/10/15  22:21

現在、中学校の場合、1校当たり約9人の割合で不登校の生徒がいると言われています。「不登校」という言葉が身近になっている一方、問題児、どう接していいかわからない、怠け…

不登校=学校が合わないというセンス

AUTHOR

矢野 梢
IDEA education 代表
facebook
blog
玉川大学文学部人間学科卒業。
玉川大学学術研究所・心の教育実践センターでアドベンチャープログラム(体験学習)を学ぶ。中高教員免許取得。
不登校経験者が多数在籍する、高校卒業資格取得ができる学校(横浜市)に5年間勤務。
公立中学校の不登校支援員、専門学校講師としても様々な教育現場を経験し、約300名の不登校経験者と接する。
2012年、妊娠・出産を機に専業主婦となるが、現場での経験から得た「正しい不登校の認識」と、多数の事例をもとに研究された「不登校支援プログラム」を社会に広め、一人でも多くの不登校に悩む子供とその家族の希望になることを願い、翌2013年にIDEA educationを設立。
「不登校の生徒とその家族」「学校」「企業」「地域コミュニティ」の連携を大切に、“新しい不登校支援のカタチ”を意識した幅広いプログラムを展開している。

TOP NEWS

4年後、8年後も今と同じなら困る

2017/02/22  08:30

トランプ時代の日米外交、「尖閣と基地」からどこまで行くか?

予告どおりの激しい対立

2017/02/21  09:36

トランプ擁護論から見えてくる、アメリカ政治の主導権争い

教師の自覚と訓練が必要

2017/02/14  09:47

学校にとっては暴力より「いじめ」が問題

考え得る最悪の事態とは

2017/01/24  12:00

国交断絶に向かう日韓とその備え

国境管理は国家の権利

2017/02/02  10:51

「アメリカは移民の国」決めるのは誰?

メキシコの主張

2017/02/08  08:30

「国境の壁」費用負担断固拒否のメキシコ大統領